駐車場経営はすべてがローコスト

駐車場経営、もしくは駐車場運営のメリットとは何でしょうか。最近、駐車場経営を投資のひとつとして始める方が増えています。

少し前であれば、賃貸住宅経営を投資として行う方が多かったわけですが、やはり初期投資が高額であることから、駐車場経営に人気が高まっているようですね。

駐車場経営のメリットのひとつはその点です。つまり、初期投資が少なくスタートできる、という点です。もちろん、月極駐車場なのか、もしくはコインパーキングのような時間貸し駐車場なのかによっても投資額は変わってくるわけですが、アパート経営と比較すれば圧倒的に投資額を少なく始められるのです。

また、利用状況がよければ投資した金額も比較的早めに回収することができます。アパートの入居者を募るよりもはるかにリスクは小さいといえるでしょう。
また、撤去が簡単であるという点も大きなメリットです。将来、その土地をほかのことに活用したいと思った場合も、アパートと違い駐車場であればローコストで撤去できるでしょう。

良い調査が必要

駐車場経理と賃貸住宅経営、どちらが得か?なんていう記事が経済誌で掲載されたりしていますね。

それぞれに当然メリットはあるのですが、やはり初期投資額が低く、リスクが小さいという点では駐車場経営に軍配が上がるようです。さらに駐車場の場合、建物を建てるのが難しい狭小地やいびつな形をした土地でも有効活用できる可能性があります。

よく街中で変わった形をしたコインパーキングを見かけたりすることがありますよね。今、コインパーキングという言葉を使いましたが、一口に駐車場といっても、時間貸し駐車場いわゆるコインパーキング以外にも、月極駐車場、一日貸し駐車場、立体駐車場、などなど様々な形態があります。

駐車場経営をしたいとお考えの場合には、まずはその土地が住宅地なのか商用地なのか、交通量は多いかといった調査や違法駐車が良く見られているか、などの情報をよく知っておく必要があります。

こうした調査は駐車場専門会社に委託して行ってもらうのが良いでしょう。

起業家限定ハウス

シェアハウスがさまざまな形で有効に活用されるようになっています。もはやシェアハウスはただの共同住宅ではなくなっていますね。

最近のニュースにも出ていましたが、東京には起業家だけが入居できる起業家限定のシェアハウスがあります。特徴としては、起業家ばかりが集まって暮らしているので、情報交換をしたり、お互いに刺激しあい切磋琢磨できるという特徴があります。

でも、それだけではないようです。そのニュースによれば、起業家シェアハウスがビジネスプランコンテストを開催して、投資のチャンスを得ようという企画が行われるようです。

確かに、起業家にとっては自分のプランに投資してくれる投資家との出会いが重要ですよね。最近のシェアハウスにはそこまで特化したシェアハウスがあるんですね。ほかにもさまざまなコンセプトをもったシェアハウスが現在増えています。

ただ楽しく暮らすというだけでなく、自分の人生をより豊かなものとするためにシェアハウスを利用する時代になってきたようです。

タイプ別シェアハウス

最近、若者を中心に人気が高まっているライフスタイル、それがシェアハウスです。皆さんもこの言葉、聞かれたことおありですよね。現在一人暮らしをしている方の中には、シェアハウスに興味をもたれている方もおられると思います。

さて、シェアハウスにはいろいろなタイプのシェアハウスがあります。たとえば、とにかくいろいろな人がいるシェアハウス、つまり大型のシェアハウスで多様性を重視するタイプのシェアハウスがあります。

このタイプのシェアハウスはどちらかというと自分とは全く違った価値観や見方を持つ人と知り合いたい、そうすることで自分を磨きたい、といった目的を持った人たちが集まる傾向にあります。程よい距離感を保ちながら、多様性を楽しむというシェアハウスです。

ほかにはコンセプトを重視するタイプのシェアハウスがあります。これは、たとえばスポーツが好きな人が集まる、とか英語を学びたい人たちが集まる(外国人と一緒に)といったコンセプトです。皆さんも、自分にあったタイプを探してみませんか。

駐車場を経営してみるのはどうか?

初期投資しやすい

コインパーキングなどの駐車場経営を始める人が増えています。どのようなメリットがあるのでしょうか?

ズバリ言って駐車場経営は儲かるものなのでしょうか?駐車場経営が儲かるものとなるには幾つかの条件を考える必要があるでしょう。やはり何と言ってもそのひとつは立地です。

自分が駐車場経営を考えている土地の周辺には競争相手となるようなコインパーキングがたくさんあるでしょうか?それらの駐車場の稼働率はどれくらいのものでしょうか?これはぜひとも考慮しなければならない点です。

また、立地環境はどうでしょうか。住宅街や幹線道路から近い立地でしょうか。商圏内でしょうか。こうした立地環境によって儲かるかどうかは決まるといえます。

ただ、アパート経営などと違うところは初期投資にそれほどの資金を必要としないという点をあげることができます。また、メンテナンス費用もアパートに比べて当然ですが安く済みます。こうしたメリットから駐車場経営が脚光を浴びているのです。

アパートよりも駐車場

何故、今アパート経営ではなく、駐車場経営に注目が集まっているのでしょうか?簡単に言えば少ない投資でリターンを期待できるからです。アパート経営をしようと思った場合に必要な初期投資額を考えてみてください。土地を所有していたとしても、上物を建てるにはやはり現金が必要です。

通常、アパートを標準的なもので建てようとするとやはり5千万程度は必要になります。たいていの場合、銀行から資金を借り入れて建てることになるわけですから、金利を含めた返済を長年にわたって続ける必要が生じます。さらにその間のメンテナンス費用もかかります。そして老朽化とともに入居者を集めることも難しくなります。比較して駐車場はどうでしょうか?

コインパーキングの場合でも投資額はアパートの比ではありません。更地で始められますし、途中のメンテナンスもほとんど必要ありません。また、万が一やめようと思ってもすぐにまた更地に戻せます。こうしたリスクの低さも注目が集まる理由となっているようです。

混沌とした今の時代に、経営ではなくて生存を!私の秘伝をお伝えします。